超音波検査|大倉山で医者・病院・内科・外科をお探しの方は【大倉山メディカルクリニック】まで

診療時間 日・祝
09:00~12:30
15:00~18:30

【受付時間】午前 8:30-12:15/午後 14:30-18:15
休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

詳しい診療・検査スケジュールはこちら

〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-41-22
大倉山メディカルビル1階

045-834-7370
045-834-7380
  • 電話
  • 地図
超音波検査

Q&A

超音波検査に関するよくあるご質問に回答いたします。

  • Q超音波とは何ですか?身体に害はありませんか
    A超音波とは人の耳に聞こえる音よりも高い周波数の音であり、一般的な検査では、検査部位に応じて1MHz~100MHzの周波数が用いられます。 検査で用いるパワーであれば、身体に負担はなく、害はありません。
    超音波は、気体中は伝わりにくく、液体、固体はよく伝わり、骨・結石などに強く反射します。 その性質を利用して、画像としてモニター表示させます。
  • Qどうして検査前には食事をしない方がよいのですか?
    A各種臓器の細部まで観察しやすくするためです。
    食事を摂ると、胆嚢の中に貯まっている消化液(胆汁)が消化管に分泌されるため胆嚢が小さくなります。すると、胆嚢内部にポリープや結石があってもわかりにくくなります。
    また、胃の中に食物が入ることにより、胃の背中側にある膵臓が見えにくくなります。
  • Q検査時に使用するゼリーは、どんなもので、何のために付けるのですか?
    Aゼリーの成分には界面活性剤・着色料・香料を使用しておらず、デリケートな肌の方も安心して使用していただけます。
    ゼリーをつけることで超音波が体内まで届き、画像が鮮明に見えるようになることで、効率良く検査が行えます。
  • Qなぜ、検査前にはトイレを控えたほうがいいのでしょうか?
    A膀胱や前立腺・子宮をみる場合、膀胱に尿が溜まっているほうが見えやすくなります。検査約 2 時間前より排尿をお控え下さい。