緩和ケア内科・緩和ケア外科|大倉山で医者・病院・内科・外科をお探しの方は【大倉山メディカルクリニック】まで

診療時間 日・祝
09:00~12:30
15:00~18:30

【受付時間】午前 8:30-12:15/午後 14:30-18:15
休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

詳しい診療・検査スケジュールはこちら

〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-41-22
大倉山メディカルビル1階

045-834-7370
045-834-7380
  • 電話
  • 地図
緩和ケアについて

緩和ケアをはじめるタイミング

緩和ケアは、がん治療の初期段階から、治療と一緒に受けていただくケアです。
がん治療と同時にスタートすることで、治療に取り組む心身の力が維持され、
がんと共生する毎日の生活を可能にします。

例えば、がんと診断されたとき、
とてつもない不安に襲われ、ひどく落ち込み、
ときには怒りや苛立ち、自分を責める気持ちが湧いたりします。
それは患者さんご本人はもちろん、ご家族も経験する精神的苦痛です。

また、身体的な痛みは、がんの早い時期にも見られ、
治療中には、痛みに加えて吐き気、嘔吐、倦怠感も起こります。
こうした症状が続く状態では、がん治療もつらいものになってしまいます。

治療の時期に関わらず、その時々に適切なケアを受け、
身体的、精神的な苦痛を緩和することが、自分らしさを保つ毎日につながります。
がんと共生するための緩和ケア かつて緩和ケアは、がんの治療が終わって以降に行われるものと考えられていました。
現在では、がん治療の初期段階から、治療に取り組む力を維持し、精神的な苦痛を和らげ、自分らしい生活を続けるサポートを目的に、がんと共生するための緩和ケアが行われています。 大倉山・【大倉山メディカルクリニック】・がんと共生するための緩和ケア