胃カメラ|大倉山で医者・病院・内科・外科をお探しの方は【大倉山メディカルクリニック】まで

診療時間 日・祝
09:00~12:30
15:00~18:30

【受付時間】午前 8:30-12:15/午後 14:30-18:15
休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

詳しい診療・検査スケジュールはこちら

〒222-0037
神奈川県横浜市港北区大倉山3-41-22
大倉山メディカルビル1階

045-834-7370
045-834-7380
  • 電話
  • 地図
胃カメラ

当院の胃カメラ検査の特徴

苦しくない、痛くない検査のための取り組み

  1. 1吐き気の少ない、鼻からの内視鏡を導入
    大倉山・【大倉山メディカルクリニック】・吐き気の少ない、鼻からの内視鏡を導入

    口からスコープを挿入する「経口内視鏡」は、舌の根元に絶えずスコープが触れ続けるため、強い嘔吐感を引き起こし、苦しさの原因となります。そのため、苦しさを軽減する鎮静剤の使用をお勧めしています。
    一方、より細いスコープを鼻から入れる「経鼻内視鏡」は、舌に触れることなく挿入できるため、吐き気が起きづらく、会話もでき、リラックスした状態で検査を進めることができます。
    症状や目的、患者さんのご希望を踏まえて、どちらの内視鏡検査にするかを事前にご相談させていただきます。

    【経鼻内視鏡の留意点】
    ・鼻孔・鼻道が極端に狭い方は使用できない場合があります。
    ・鼻と喉を麻酔するため、トータルでの麻酔の量が、経口よりも多くなります。
    ・スコープが細いため、送気・吸引の穴が小さく、検査に時間がかかる場合があります。

  2. 2ウトウトしているうちに検査が終わる、鎮静剤の使用
    大倉山・【大倉山メディカルクリニック】・ウトウトしているうちに検査が終わる、鎮静剤の使用

    適量の鎮静剤を使うことで、ウトウトと眠ったような状態で検査を受けることができます。意識レベルが低くなるため、検査中のことを覚えておらず、苦しさや違和感を感じない状態のままで検査を終えることができます。

    【鎮静剤を使用する際の留意点】
    ・検査終了後30~60分の院内での安静が必要です。
    ・お車の運転はできません。徒歩もしくは公共交通機関をご利用ください。
    ・鎮静剤使用の方は、経口内視鏡にて検査を行います。

  3. 3内視鏡に熟練した医師による検査
    大倉山・【大倉山メディカルクリニック】・内視鏡に熟練した医師による検査

    消化器外科医である院長をはじめ、内視鏡検査において長年の経験と知識をもつ医師が検査を執り行います。悪性が疑われる場合や当クリニックで治療できない疾患が見つかった際には、症状に適した高度医療機関をご紹介できるバックアップ体制を整えています。

    院長紹介連携医療機関
  4. 4高精度な診断を可能にする先進設備
    大倉山・【大倉山メディカルクリニック】・高精度な診断を可能にする先進設備

    微細な部分も鮮明に映し出す高精細・高画質の内視鏡システムを導入し、小さな病変でもすばやく発見・診断できる環境を整えています。スコープが細いために、これまで課題とされていた経鼻内視鏡の画質においても、先進技術によって大幅に改善されています。患者さんの身体への負担が少なく、かつ、精度の高い検査をご提供いたします。

    内視鏡システム内視鏡室